絵のない絵本 第四夜

絵本

絵のない絵本

BILLEDBOG UDEN BILLEDER

ハンス・クリスチャン・アンデルセン Hans Christian Andersen

矢崎源九郎訳

 

街に住む貧しい絵描きの若者をなぐさめに、夜ごと月が、空の上から見たいろんな国のいろいろなできごとを物語ってくれた。生涯旅を愛したアンデルセンの短編集。

 

第四夜 

「わたしは、今夜、ドイツ喜劇を見てきました」と、月が言いました。

「それは、ある小さな町でのことでした。馬小屋が芝居小屋になっていました。

つまり、馬をつなぐ仕切りはそのまま残してあって、これをかざりたてて、見物の桟敷にしてあったのです。

そして木造のところは、どこもかしこも色とりどりの色紙で張りめぐらしてありました。

 

ひくい天井からは、小さな鉄のシャンデリアがさがっていました。

 

そしてその上には、桶が一つさかさにはめこまれていて、まるで大きな劇場のように、プロンプターのベルが『リーン、リーン』と鳴りひびくのを合図に、その桶の中にシャンデリアが引き上げられるようになっていました。

 

『リーン、リーン』小さな鉄のシャンデリアが、三、四十センチばかり跳ねあがりました。こうして、喜劇が始まることになったのです。

 

旅行中の、ある若い公爵が、奥方といっしょに、ちょうどこの町を通りかかって、きょうの芝居を見物にきていました。

 

そのため、小屋は人でいっぱいでしたが、ただシャンデリアの下だけは小さな噴火口のようになっていました。そこには、ろうが『ポタリ、ポタリ』と落ちるので、だれもすわる人がなかったのです。

 

わたしは、なにもかもながめました。というわけは、小屋の中がひどくむし暑かったので、壁の小窓という小窓を、あけはなしておかずにはいられなかったからです。そしてどの小窓の外からも、若い男や女が中をのぞきこんでいました。もっとも、中には警官がいて棒でおどしてはいましたが。

 

オーケストラのすぐそばに、若い公爵夫妻が、二つの古い肘掛いすに腰かけているのが見えました。いつもなら、この席には町長夫妻がすわることになっていたのですが、今夜ばかりは、ほかの町の人たちとおなじように、木のベンチに腰かけなければなりませんでした。

 

『まあどうでしょう。タカがタカに追われたというものですわね!』と、奥さんたちが小声で話しあっていました。

 

なにもかもが、このために、いっそうお祭らしくなっていました。シャンデリアがおどりあがりました。

のぞいている連中は、指をぶたれました。

 

そうしてわたしは――そうです、この月のわたしは、ぜんたいの喜劇をいっしょに見たのです」

                    

青空文庫作成ファイル:このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(https://www.aozora.gr.jp/で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

底本:絵のない絵本

出版社:新潮文庫、新潮社

初版発行日:1952(昭和27)年815

入力に使用:2008(平成20)年730105

入力に使用:2008(平成20)年730105

備考:1987(昭和62)年12566刷改版

                    

 

 

コメント