クリップスタジオ使い難いと思ったら自分好みに変えちゃおう♪

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ここんとこ1日の大半をCLIP STUDIO PAINT PRO で イラストを描いています。

 

で、ちょっと使い難いなと思った事があったので少し見直しました。

 

*筆圧がの加減で線がガタガタする手ぶれ補正のレベルを上げる

*ポインタの位置が見えない!(急に老眼がきたのかと‥)

 

ツールプロパティの表示設定

手振れ補正などもブラシサイズのような設定表示に出来る

表中設定のインジケーター表示は最大値が小さく設定されていますので、スライダー表示の方が使い勝手が良いと思います。

 

 

カーソルの設定

初期設定では○だけなのですが、これが見えにくい。とくに背景透過の時や、細かい線、逆に特大の大きい線。

ブラシ系カーソル・ペン系カーソル・消しゴム系カーソルブラシサイズと十字にする。

 

 

インターフェイスの設定[環境設定]

[配色テーマ]からインターフェイスの色を変更できます。濃色、淡色ともに色の濃さの調節もできます。

 

ツールの並び替え操作[パレット]

パレットのメニューからツールアイコンの並び替え操作方法を変更できます。

標準はドラッグで並び替えができますが、[ctrlキー]+[ドラッグ]に変更できます。

(ドラッグだけでだと知らない間に何かが消えてしまったりの「今、私なにした?」状態を防げます。

 

 

レイヤーパレットのコマンドバーの位置

コマンドバーの位置を上に変更できます。

標準ではレイヤー作成ボタン等の配置がパレットの下部になってます。

以上。

あくまでも私自身が使いやすい方法でした。

もっとあるのだけど、またの機会に(^v^*)/

あと自分自身の忘備録目的もあるのですが、まだまだ使いこなせていない機能はたくさんあるので、勉強の意味でも書いていきたいと思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© うやうや帝国 , 2017 All Rights Reserved.